プレスリリース

世界自然遺産登録10周年記念企画 旅行業界初・知床岬に特別上陸するツアーを実施 ~特別保護地域へ期間限定で上陸~


2015年04月10日(金)【第15-2号】

報道関係各位

クラブツーリズム株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:小山佳延、以下クラブツーリズム)は、北海道・知床の世界自然遺産登録10周年を記念し、特別企画「まだ見ぬ知床半島に上陸 知床岬赤岩地区の歴史と文化に触れる旅」(2015年7・8月出発・東京発・2泊3日・旅行代金(おひとり)2~5名1室13万5,000円~16万5,000円)を4月10日(金)に発売します。

知床半島の先端部である知床岬は、陸路では険しい山を越えないと到達できない秘境で、環境保護の観点から一般観光やレクレーション目的の動力船による上陸は認められていない特別保護地域です。
クラブツーリズムでは、これまで観光船で海からしか見ることできなかった知床岬に特別上陸するツアーを旅行業界で初めて企画しました。 背景には「自然と共生しながら漁業を営んできた知床の人々の文化に触れていただきたい」という知床羅臼町観光協会の思いをもとに、知床エコツーリズム検討会議を経て、昨年から3年間、7月15日から8月15日の期間限定で特別に認められたものです。この思いを受け、世界遺産登録10周年の節目の本年、クラブツーリズムでツアーを実現する運びとなりました。

本ツアーでは、知床岬で有名な昆布漁の様子や、最古の「番屋」を見ることができます。 「番屋」とは漁場に夏の間だけ寝泊りする小屋で、赤岩地区の番屋は船でしか行くことができない場所にあります。かつて知床岬の赤岩地区には多くの番屋が海岸線に並び立っていましたが、今ではその数も減り、わずか2軒となりました。 そのほか、北の名勝として名高い知床五湖のひとつ、知床一湖では湖畔までの道中知床連山を一望でき、大自然の景観を楽しめます。また7月出発のコースでは100メートルの断崖から落ちるフレペの滝、8月出発のコースでは秘湯のカムイワッカ湯の滝へご案内します。(7月出発のコースでもカムイワッカ湯の滝になる可能性があります)

「まだ見ぬ知床半島に上陸 知床岬赤岩地区の歴史と文化に触れる旅」 概要

【出発日】2015年7月20・24日8月2・5日
【出発地】 東京
【日程】 2泊3日
【旅行代金】(おひとり) 2~5名1室13万5,000円~16万5,000円
【宿泊先】 羅臼温泉
【旅のポイント】
(1日目)専門ガイドと、羅臼昆布の試食と番屋見学
(2日目)知床岬に上陸。赤岩地区にて最古の番屋と漁業活動の見学
(3日目)知床峠でフレペの滝またはカムイワッカ湯の滝を見学
※ツアー詳細はホームページをご覧ください。http://www.club-t.com/
ホームページよりコース番号(30507)でコースをご検索ください。ツアー詳細ページにつながります。

昆布漁の様子を間近で観察昆布漁の様子を間近で観察

知床岬知床岬

クラブツーリズムは、地域の魅力を伝え、心豊かないきいきとした時を楽しむツアーを提供し、これからも出会い、感動に満ち溢れ、旅仲間との絆も深められる“価値ある旅”を積極的に展開してまいります。

◆報道関係のお問合せ先
クラブツーリズム株式会社 広報担当:田中 貴、青木 之、柿内 尚子
TEL:03-5323-6875 (月~金 9:15~17:30・土日祝除く) FAX:03-3342-4445 E-Mail:ctpr@club-tourism.co.jp