プレスリリース

車いすでも行ける 「慰霊の旅 グアム 4日間」 販売開始 - 戦後70年、クラブツーリズムが 「慰霊の旅」 にご案内します -


2015年08月05日(水)【第15-13号】

報道関係各位

クラブツーリズム株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:小山佳延、以下クラブツーリズム)では、戦後70年の特別企画として、車いすでも行ける「慰霊の旅 グアム 4日間」(11月29日(日)出発)を8月1日より発売いたしました。

車いすでも行ける「慰霊の旅 グアム 4日間」は、ご家族や仲間の慰霊に行きたくても、高齢や病気であきらめてしまっている方に、車いすでも参加できる配慮がされた旅です。
クラブツーリズムは、いつまでも、誰にでも旅の感動を体感していただくための旅のコンセプトとして、「誰にでもやさしい旅」(※)を提案しています。高齢の方でも旅を楽しんでいただけるよう、70歳以上の方にも安心の長い距離を歩かない「ゆったり旅」のほか、バリアフリーの旅「杖・車いすで楽しむ旅」をこれまで18年にわたりご案内し続けており、2010年にも「慰霊の旅 グアム」を実施しています。
近年は多くの戦地慰霊団が会員の高齢化により、「慰霊の旅」が中止されていることがあります。皆様の「戦後70年の今だから行きたい」という思いを受け、今回、クラブツーリズムが「慰霊の旅」にご案内いたします。

ツアーでは、滞在中1日を慰霊の日に設定しており、日米激戦の地アサン海岸、戦争記念館の見学、グアム平和慰霊公苑・我無山平和寺で南太平洋に眠る戦没者を供養します。

グアム平和慰霊公苑 (イメージ)グアム平和慰霊公苑 (イメージ)

グアム平和慰霊公苑ではいすをご用意グアム平和慰霊公苑ではいすをご用意

エレベーター付バスを利用しますエレベーター付バスを利用します

●ロウソク・線香・お供えの菊の花・水・御酒を用意します
●昼食は和食膳をご堪能
●付き添いをご希望の方にはトラベルサポーターをご紹介します(別途有料)
(ツアーの詳細をご覧ください)

「誰にでもやさしい旅」 (「杖・車いすで楽しむ旅」、「ゆったり旅」、トラベルサポーター) の詳細は、
ホームページをご覧ください。http://www.club-t.com/theme/barrierfree/ ( 検索 ⇒ クラブツーリズム やさしい旅 )

クラブツーリズムは、いつまでも、旅先での感動と人々の温もりを体感していただけるひとときを提供し、どなたでも、心から楽しめる安心・充実の旅、「誰にでもやさしい旅」を積極的に展開してまいります。

◆報道関係のお問合せ先
クラブツーリズム株式会社 広報担当:田中 貴、青木 之、 柿内 尚子
TEL:03-5323-6875 (月~金 9:15~17:30・土日祝除く) FAX:03-3342-4445 E-Mail:ctpr@club-tourism.co.jp