プレスリリース

旅行に関する意識調査と実態調査2015


2015年09月11日(金)【第15-18号】

報道関係各位

クラブツーリズム株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:小山佳延、以下クラブツーリズム)は、20~60代の旅行に関心の高い男女2,060名を対象に、旅行に関するインターネット調査を実施し、“旅行に求めるもの”や、“旅行で重視するポイント”などを調査いたしました。
ぜひ、以下の調査結果をご覧ください。

調査結果サマリー

■50~60代はやっぱり旅行好き 大人の旅は趣味をじっくり楽しめるパッケージツアーが好評
ツアー志向では20~30代の若者世代は「お得」、対して50~60代の大人世代は「上質」を重視。
◎ 旅行頻度が高い50~60代は、およそ3人に1人(29.4%)が1シーズンに1回以上旅行に出かけている。
◎ 20〜30代は「豪勢」で「欲ばり」で「激安」な、盛りだくさんでお得な旅が好き。
◎ 年代が上がるとともに、趣味や興味のある分野をじっくり堪能できる旅を志向。50~60代では約7割(67.4%)がじっくり派。
◎ 同様に、年代が上がるとともにパッケージツアーの利用率もアップ。50~60代のじっくり派はパッケージツアーと相性が良い。

■趣味や興味のある分野を満喫するために、パッケージツアーの強みを活用する50~60代
◎趣味や興味のある分野を満喫することを重視する50~60代は、パッケージツアーを利用する場合は「普段行けない場所に行けること」(89.8%)など、パッケージツアーならではの強みに魅力を感じている。
◎選ぶ際は、厳選された「宿」(80.3%)や「名店での食事」(75.8%)など個人旅行では手配が難しい経験も重視。
◎ 趣味を満喫するパッケージツアーには「経験豊富な添乗員やスタッフの帯同」(63.0%)も重要なポイント。

■50~60代は「テーマ型旅行」に興味津々!2割は既に経験済み
人気テーマは「歴史探訪」「美食探訪」「神社仏閣・仏像めぐり」。旅好きは「ウォーキング」「ハイキング」も。
◎50~60代の約半数(52.8%)がテーマ型旅行に関心があり、約6割(57.5%)は参加意欲あり。
◎既に5人に1人(19.1%)は、テーマ型旅行に参加した経験あり。
◎ 興味があるテーマは、「美食探訪」(61.8%)、「歴史探訪」(61.4%)、「神社・仏閣・仏像めぐり」(53.0%)。男女差があったテーマとしては、「写真撮影」(男性24.0%)、「花めぐり」(女性51.5%)が挙げられる。

調査結果ニュースリリースはこちら>>


◆報道関係のお問合せ先
クラブツーリズム株式会社 広報担当:青木 之、柿内 尚子
TEL:03-5323-6875 (月~金 9:15~17:30・土日祝除く) FAX:03-3342-4445 E-Mail:ctpr@club-tourism.co.jp 所在地:〒163-0240 新宿区西新宿 2-6-1 新宿住友ビル 40 階