プレスリリース

クラブツーリズムの旅行情報誌 『旅の友』 通巻500号を発行


2018年11月30日(金)【第18-27号】

KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山隆司)のグループ会社であるクラブツーリズム株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:小山佳延、以下クラブツーリズム)が発行する旅行情報誌「旅の友」は、2018年12月1日発行の新年号(東日本版)において通巻500号を迎えます。

旅行会社の店頭で旅行商品を買うのが当たり前であった時代に、クラブツーリズムが“旅の通販”を開始したのは1980年でした。1983年、「旅の友」の前身となる「旅の友ニュース」はモノクロ4頁の体裁でわずか2,000部の発行でスタートしましたが、今日では「旅の友」は全国300万世帯に配送されるクラブツーリズムの主力媒体となっています。ツアー参加者にリピーターとなっていただくため、旅行情報誌を定期的に発行するという取り組みは、当時業界に先駆けた新たな販売の手法となり、その後他社においても各社独自の旅行情報誌が発行されることとなります。

創刊当時のキャッチフレーズは「旅を通じて仲間の輪を広げよう」でした。旅行商品を販売するだけのパンフレットではなく、お客様が誌面に登場するなど旅先での交流のサポートになるような「コミュニティ紙」としての役割も担っていました。これは現在のクラブツーリズムのコーポレートマーク(手をつないで踊る5人のロゴ)に込められているブランドメッセージ「仲間が広がる、旅が深まる」にも継承されています。

「旅の友」500号では、これまでのクラブツーリズムとお客様とのふれあいのエピソードや「旅の友」を届けるエコースタッフ(※1)、添乗員として活躍するフェローフレンドリースタッフ(※2)、講座やツアーの案内役を担う講師など多くの立場の方々からのメッセージを紹介しています。また“5” の数字にちなんだ500号記念ツアーも掲載していますので、ぜひご覧ください。

※1:エコースタッフ…お客様から募集した「旅の友」の配送スタッフ

※2:フェローフレンドリースタッフ…お客様から募集した添乗員

 

「旅の友」通巻500号記念ツアーの一例

北海道から九州まで 夫婦の絆を深める列車旅 「日本一周フルムーンの旅10日間」

(コース番号:29000-988)

旅行日程: 2019年3月7日、4月16日

旅行代金: おひとり500,000円(ご夫婦ふたりで100万円)

行程概要: 

東京駅出発、北海道新幹線はやぶさ(グリーン車)や北陸新幹線はくたか(グリーン車)、九州新幹線さくら(グリーン車)など8つの新幹線と3つの観光列車にのって10日間で日本一周するご夫婦旅。宿泊地には洞爺温泉、和倉温泉、有馬温泉、指宿温泉などの名湯も含まれており、観光場所は伊勢神宮や鹿児島の仙巌園など多数。

※企画乗車券利用のため、ご参加者2人の年齢合計が88歳以上であることが申し込み条件

※各日10組20名様限定、添乗員同行

上記ツアーの問い合わせ先: クラブツーリズム株式会社

〔電話〕03-5998-2000 〔営業時間〕月~土 9:15~17:30 日・祝 9:15~13:00

「旅の友」はホームページからご覧になれます  URLhttps://club-t.webcatalog.jp/82818_181201/

 

PDF版はこちらよりご覧いただけます


◆報道関係のお問合せ先
クラブツーリズム株式会社 広報担当:稲葉 直彦、佐久間 直子、青木 之
TEL:03-5323-6875 (月~金 9:15~17:30・土日祝除く) FAX:03-3342-4445 E-Mail:ctpr@club-tourism.co.jp