クラブツーリズムの強み|地域共創事業|クラブツーリズム 企業・グループ情報

地域共創事業 地域共創事業

地域発展の源は、「旅行」にあり!
クラブツーリズムの地域共創事業部は、弊社の経営資源を活かし、地域が抱える課題解決のパートナーとして、地域づくりに寄与してまいります。部署名の《地域共創》には、「地域の価値を地域と共に創る」という弊社の強い思いが込められています。

クラブツーリズムの強み

弊社の強みは、地域の課題解決に必要な仕組みを持っていることです。
「全国約700万人の顧客」をはじめとした7つのリソースを活かし、「地域の価値を創るために、何をすべきか?何ができるか?」を共に考え、地域の課題解決に全力で取り組んでまいります。

7つのリソースで、地域の課題解決をサポート

イメージ

クラブツーリズムの7つのリソース

1.企業組織

イメージ

(イメージ)

弊社は、近鉄グループホールディングス、ならびにKNT-CTホールディングスの一員です。また、全国各地の近畿日本ツーリスト、KNT-CTパートナーズ会(全国の観光事業者)、地域DMOとの連携も強化しています。

2.旅行商品

イメージ

(イメージ)

弊社の旅行づくりの特長は、目的志向の高いテーマ型旅行です。お客様の趣味趣向にもとづいた多彩な企画を展開しています。
一例として、写真、歴史、食、登山、ハイキング、巡礼、花、食、長期滞在などがあります。
長年集積してきたデータベースを活かし、顧客属性やカテゴリーを踏まえたツアー造成が可能です。以下に一例を紹介します。

<旅行商品の一例>
・性別/人数別…女性限定の旅、おひとり参加の旅
・富裕層向け…豪華列車、ハイグレードの旅
・健康・体力レベル…ゆったり旅、65歳以上の旅
・コロナ対策…クラブツーリズムニュースタイル
・訪日外国人…YOKOSO JAPAN TOUR

3.会員顧客

弊社の顧客世帯・顧客数は、約250万世帯・約400万人(全国※2020年4月時点)。保有顧客データ数は、約1,000万人にのぼります。

イメージ

(イメージ)

4.社員・講師

イメージ

滑川翔太(商品造成担当)

「旅行商品」を創る現役スタッフが、全社で500名以上います。
旅行商品造成に必要な商品化スキル(マーケティングスキル)はもとより、スピードとキャパシティが求められる企画力を、地域づくりに活かしていきます。
さらに、「学び」の要素を盛り込んで、講師とともにツアーの付加価値づくりにも取り組んでいます。講師育成で培ったノウハウを、地域の人材育成にも活かしていきます。

5.販売ツール

イメージ

旅の友(イメージ)

デジタル媒体、紙媒体を定期的に発行し、旅行商品を販売できる体制を整えております。

<デジタル媒体>
・インターネットサイト
・メルマガ会員
・Facebook
・LINE

<紙媒体>
・旅の友(旅のカタログ、月2回発行)
・新聞、折込チラシ、ダイレクトメール

6.イベント・催事運営

イメージ

クラブツーリズム協賛 青森ねぶた(イメージ)

20余年続けてきたオリジナル企画《月見のおわら》など、地域と連携し、地域と共に市場を開拓してきました。
企画したイベントや催事は、旅行商品化して誘客しています。弊社社員も地域の人々と一体となって運営やおもてなしに携わり、価値の高い企画づくりに取り組んでいます。

7.持続性&スピード

イメージ

(イメージ)

地域づくりにおいて大切なのは、「持続性(サスティナビリティ)」と「スピード」です。
「①企画立案→②旅行商品造成→③販売集客→④運営→⑤検証」、このサイクルを最速かつ継続的に回し、地域における持続可能な価値づくりに取り組み、これを地域の経済的、文化的発展につなげます。